事故車 高く売る方法

MENU

事故車でも高く売る方法

交通事故によって壊れた車は確実に価値が低くなります。
それはやはりその事故によって多大な損傷を受けているからです。

 

自動車にとって損傷というのはなにもボディの傷やへこみ、エンジンなどの状態だけではありません。
一番大事なのがフレームにも損傷が及ぶことがあるのです。

 

事故を起こすということは自動車メーカーが設計した時に想定した外力以上の強い力や思ってもみない方向からの力が加わったことになります。

 

特に横方向からの外力には弱く、ドアパネルあたりに追突されるとそれ以外の部分は全く壊れていないのにそれだけで廃車になってしまうこともあるぐらいです。
それだけ車のボディというのものはある意味弱く作られており、特にここ最近のエコカーやトヨタ、ダイハツの車などは徹底したコスト削減策によってボディ鋼板が薄く、質の悪いものになってきているのでなおさらです。
こういった性質のある事故車、どの買取店は高く買い取ってくれるでしょうか。

 

例えばドアパネルだけがへこんでしまい、それだけを交換した場合も事故車として見られます。
この場合は中古車として販売するときに告知義務はなく、普通に売っていいものとなります。

 

しかし同じドアパネルを交換した車でもフレームまで歪んでしまった場合は単なる事故車ではなく、「修復歴あり車」と呼んで特別なものとして扱います。

 

この修復歴あり車というのは要するに「フレームがゆがんでそれを直しているが新車と同じというわけではありませんよ」ということをあらわしているもので確実に新車状態とは違う車となっているということを意味します。
この車を中古車として売る時には必ず修復歴あり車であることを告知しなければならず、そのためおのずと販売価格を下げなければならないのです。
要は買取店や中古車販売店で利益を確保することができないということになるのです。

 

誰が好んでこういった車を買い取るでしょうか。
買取ったとしてもかなり安く金額になってしまうのは目に見えています。

 

そういった場合は買取店は諦めて、事故車買取店に足を運びましょう。
事故車買取店は事故を起こして車として使うことができないとなった車を部品取り車やリサイクルに出すことを前提として車を買い取るところで、フレームがゆがもうがエンジンが壊れていようが買い取ってくれるところです。
ここでならフレームまで損傷が及んでしまった車でもそれなりの金額で買い取ってくれるはずです。

 

ここでは車格や走行距離、年式などはほとんど影響なく、どれだけの部品をとることができるのかということで買取金額がきまります。
金額的には買取店の一般的な金額よりかなり低いものとなりますが、少なくとも廃車費用ぐらいは稼ぐことができるのでこれで良しとしましょう。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?