ローン途中の車を売る

MENU

ローン途中の車は売れる?

自動車ローンを組んで購入した新車などでまだローンをすべて払いきっていない状態でやむを得なく売らなくてはならなくなったとか、もう飽きてしまったなどの理由で車を売却したいと思うこともあるでしょう。
しかし、そういった車でも自由に売ることができます、車を渡してお金をもらえばいいのですからローンが有ろうがなかろうが全く関係なく売ることができます。

 

しかし、できるのは売るだけで、法的な手続きである名義変更は基本的にはできません。
なぜならローンを組んで購入した車はあなたの車ではないからです。

 

日本の法律では車の持ち主が変わった場合、速やかに名義変更を行わなければなりません。

 

それには旧オーナーと新オーナー、両方の了解のもと正式な書類と正式な手続き方法を持って行う必要があります。
しかし、その車はあなたのものではないため名義変更の手続きができないのです。

 

自動車ローンを組んで購入した車は表向きはあなたの車です、しかし正式にはその自動車ローンを組んだ信販会社なり銀行なりの持ち物であって、正しく言えばそれは借り物でしかないのです。
ですので、自動車ローンを組んで購入した車は「自分の車」とか「車を買った」などといってはいけません

 

名義変更はオーナー同士の同意のもとに行われるものですので借主は全く蚊帳の外であって、名義変更を行うことができないのです。

 

しかしです、どうしても名義変更を含めた売却をしたいのであれば、借りものから自分のものにしてしまえばいいわけで、自分のものであれば名義変更だろうが廃車だろうが自由にできるということになります。
ではどうすれば借りものから自分のものにできるのか?・・・それは残りのローンをすべて支払えばいいのです。

 

なにも難しいことではありませんが、自動車ローンを組んで購入する方が果たして一括でローンのすべてを支払えるでしょうか?

 

そこで買取店は考えました、買取に出され、買取金額がついた状態でその金額をローンの返済に充てて完済すればいいと・・・、完済してしまえば名義を信販会社や銀行から取り戻すことができ、そうすれば名義を自分のものにすることができます。
ただここで問題が、たとえばローンの残債が200万円あったとします。

 

その車を買取店で査定をしたところ120万円しかつかず、そのお金をすべて充ててもローンを払いきれなくなってしまいました。
こうなると名義を自分のものすることができず、名義変更を含めた売却ができなくなってしまいます。

 

しかしこれにも救済措置があります、買取店でそういった時のために払いきれない分、この例では80万円分を残債ローンとしてさらにローンを組みそれによって自動車ローンを完済し名義変更吸うことができるようにすることができるようになります。
自動車ローンのために組む新たなローンで車が手元にないのにローンを払い続けていかなければならないのはちょっと厳しいものがありますが、どうしても売却したいといった時には仕方がないでしょう。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?