車を売る 必要書類

MENU

車を売るときの必要書類とは?

車を買取店などで売却するにはこれ取った書類は必要ありませんが、売却と共におのずと行うことになる名義変更においていろいろな書類が必要となります。

 

まずは車検証と自賠責保険証明書、車検証は車の戸籍謄本のようなもので車関連のことではないかと必要になるもの、自賠責保険証明書は法律で定められている自賠責保険の加入を証明するものですが、どちらも常にグローブボックスなどに入っているものですので特に問題はないでしょう。
リサイクル券、これも多分車検証などと一緒に入っていると思いますが、古い車で法律が改正される前に購入した古い車などではないこともあります。

 

それから自動車税納税証明書、これは毎年4月ごろに送られてくる自動車税振込用紙の片割れが領主所とかねて証明書となっているので、それを用意する必要があります。

 

もしなくしてしまった場合は税務署において再発行することができるで用意しておきましょう。

 

それから印鑑登録証明書、これは登録車だけに必要で軽自動車の場合はいらないものなのですが、登録車の名義変更は実印を伴う手続きですので、実印が本物であるかどうかを確認するために必要となります。
あとは譲渡証明書や手続きを買取店などに委任するので委任状などが必要ですがこの2つは買取店側が用意し、作成してくれるのでこちらから用意する必要はありません。

 

あと住所変更手続きなどが行われておらず、車検証の住所と印鑑登録証明書の住所が違う場合は条件によって住民票や戸籍謄本などが必要となります。

 

それから自動車ローンを組んで購入した車の場合は、信販会社が持つ名義を1度自分のものしておかなければなりませんのでその手続きに免許証や車検証、自動車税納税証明書などの写しが必要になることがあります。
所有権解除自体は買取店側がいろいろとやってくれることになるのでこちら側としては書類を集めること以外何もする必要はありません。

 

こうしてみると車の売却、名義変更にはいろいろと生類が必要であるように思えますが、ほとんどのものは常に車に携行しているものであったり、家に保管してあるものであって、実際にお役所などに足を運んで取ってくるものは印鑑証明書や住所が違う場合の住民票や戸籍謄本だけとなります。
その人の条件によって必要な書類が多少違うこともありますが、買取店ではそういったことを熟知しているので買取店側の指示通りに書類を集めてくれば何ら問題はないかと思います。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?