MENU

買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由

例えば皆さんがガソリンスタンドに行ってガソリンを入れようとした時に、リッターあたり100円だったらどう思うでしょうか?
たぶん「安い!」といって大喜びで満タンにするでしょう。

 

しかしこの金額がリッターあたり250円だったらどうでしょう。
もしどのガソリンスタンドでもこの金額であったのであればしぶしぶ入れるはずです。

 

さてどうしてでしょうか、それは皆さんの頭の中にガソリンは1リッターあたり110円から130円ぐらいという大まかな金額が入っているからです。
その金額と実際の金額を比べた時に100円は安く感じますし、250円はとんでもなく高い金額だと判断しているからです。

 

それではガードレールはどうでしょう、単独事故でガードレールを壊してしまい、それを弁償しなければならない時に1スパンで150万円といわれたらどうでしょう。
もしかしたらそれが妥当な金額だと思って支払ってしまうかもしれません。

 

しかし実際には30万円ぐらいで施設しなおすことができ、この150万円はとんでもなく高い金額となってしまいます。
30万円のものに納得の上、150万円払ってしまった理由は本来の金額である30万円という金額を知らなかったからです。

 

実は自動車の買取に関しても同じことが言えます。
例えばある買取店で査定に出し、査定金額が50万円になったとします。
しかし売る側としてはそうしょっちゅう車を売ることもないし、今回が初めていうことで「まあ、そんなものか」と思って安易に契約書に印鑑を押してしまうということになりかねません。

 

しかしこの車の状態や走行距離などから見れば他店ではだいたい100万円から150万円で買い取っており、いわゆる相場というものがそれくらいの金額になっていてそれを知っていたらどうでしょうか。
きっと売買契約を結ばずにその買取店から立ち去ることになるでしょう。

 

そうなのです、その車のその状態での相場を知っておかなければ大きな損をしてしまうことがあるのです。

 

相場を知っていれば極端に安ければ買取を断ることができますし、逆に高ければ喜んで契約書に判を押すことになるでしょう。
買取店で査定を行う前に必ず相場をというものを頭に入れておかなければいけないということです。

 

その相場というものは最近ではインターネットで買取に関するWebサイトがたくさんあり、その中に買取相場表が掲載されていることがありますのでそこで確認することができます。

 

ただその相場表というのもリアルタイムではないため価値の上下が激しい自動車買取ではそれでもデータとしては不十分であることもあります。
それなら無料一括査定サイトを使うのがいいでしょう。

 

このサイトは複数の買取店での査定金額を知るためのものなのですが、まとめて暫定的な査定額を知ることができるということでリアルタイムな相場というものも知ることができるのです。
その中に入っている買取店で売却するわけでなくとも相場を知るには非常の効率の良いことですので、売却を考えたら1度は必ず見ておきたいものだと思われます。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。