傷だらけの車を売る

MENU

傷だらけの車は売れる?

買取店は中古車販売店の仕入れ先といっていいものであって、商品として使える車を買い取ってそれをオークションなどに流して商売にしているところです。
ですので、買い取る車は中古車販売店で商品となるものだけということになり、極端な言い方をすればエンジンもかからない、ボディはボコボコ、誰もが見向きもしないようなものは買取っても意味がないのです。

 

そういった中で傷だらけの車を売るということですが、はっきり言ってその傷の状態よって売却できるできないといったことがきまります。
例えば、フロントフェンダーからリヤフェンダーまで枝によって付けられたキズであれば十分買い取ってくれるでしょう。

 

これぐらいであれば、例えば商用車など走ればそれでいいといった買われ方をされるようなものであれば、中古車という商品として成り立つので多少減額されはしますが買取を断られることはないでしょう。
それから路地を曲がる時にブロック塀にこすってしまったという状態でも買取拒否されることはないでしょう。

 

草むらに突っ込んでボディ全体に細かい傷がついてしまったとしてもまず問題はありません。
同じキズでもこういった表面的なものであればそのまま売って商品となるものでしたらそのまま中古車販売店に並びますし、深い傷がある場合は修理してきれいにしてから中古車として売ることができます。
しかし、傷がついているものでもその傷がついた原因如何によっては買取を断られることがあります。

 

例えば、見えないところにあった大きな岩に乗り上げてしまい、ボディサイドの下あたりにたくさんの傷がある場合、これはかなり難しくなります。

 

なぜならそういった理由でボディに傷がつくということはボディに通常でない力が加わっており、もしかしたらサスペンションアームなどが曲がっているかもしれないし、ボディ自体がよれてしまっている可能性が否定できないからです。
自動車においてボディパネルの損傷は軽視しますが、フレームまで影響が出ているものは極端に嫌います。

 

フレームが曲がっているということは車体全てに悪影響を及ぼすことが多いので車としては不完全で、更に中古車として売る時もフレームがゆがんでいることを告知する義務があるので、その分安い金額で売るしかなくなってしまいます。
要は利益が少なくなるということで買取店が買い取ったとしてもオークションで高値がつくことはないのです。
そうなると買取店も買取に消極的になり、買取不可能となることが多くなります。

 

ただそういった車でも買い取ってくれるところがあります、それは事故車専門の買取店で廃車前提で部品取り車として買い取ってくれます。
もちろん買取店での買取金額よりかなり安くなってしまいますが、マイナスにはなりませんのでそういったところで売ることも考えておきましょう。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?