買取と下取りの違い

MENU

買取と下取りの違いとは?

自分の車を売ろうとか、新車を買うから処分しようかと思っている方でインターネットなどでいくらぐらいで売ることができるのだろうとか下取りに出すといくらになるのだろうなどと調べることがあると思います。
その時に買取店などのWebサイトや無料一括査定サイトなどがたくさん検索候補として出てくると思います。

 

それで買取店などでの買取金額のだいたいを知ることができるのですが、一方変わってディーラーでの下取り金額を調べようとするとなかなか出てくることがないと思います。
例えばカローラを売ろうとして検索エンジンに「カローラ 下取り」と入力してもほとんどが買取店の買取情報ばかりであって一向に下取り金額にたどり着くことができないでしょう。

 

これはWebページの作成側が買取店での買取とディーラーでの下取りを理解していないことからくるもので、車に対する対価を得るということが買取であったり下取りであったりと同じこととして見ているからなのです。
これは大きな間違いです、買取といったら買取店や中古車販売店での買取サービスのことを指し、下取りはディーラーでの下取りだけを指すのです。
ここはしっかりと理解しておきましょう。

 

さて買取と下取りの違いですが、まずは扱うところが違うという点があります。
買取は買取店や中古車販売店だけ、下取りは自動車メーカー付きの新車ディーラーだけとなります。

 

それから対価の得方も違います、買取は現金で支払われますが下取りはあくまでも新車購入のための値引き金額として扱われるので現金が戻ってくるわけではなく、新車購入代金から差し引かれる形となります。
ですので、おのずと使うチャンスというものの違ってくることになり、買取はいつでも大丈夫なのですが、下取りは新車購入の時だけで下取りだけという概念は存在しません。
そして最大の違いでこれが買取のメリットとなることなのですが、その車に対する価値の見出し方が全く違います。
買取ではこの買取をあくまでも中古車市場での仕入れと見ています。

 

そのため、価値を決めるのは中古車販売店などで構成される中古車市場でそこでどれだけの人気があるのかということで主な価値を決めています。
ですので、新車価格が高くても中古車として人気がない車の買取金額が安くなってしまったり、逆に価格の安い軽自動車がいい金額になってしまったりということがよく起こります。
一方下取りですが、こちらは中古車市場での人気はほとんど影響なく、どちらかといえばその車が新車として販売された時に持っていた価値観、例えば車格、新車の人気度合、車両価格などが大きく作用し、例え中古車として人気が全くなくてもそれなりの金額になりますし、軽自動車などはあまり高くならないという性質を持ちます。
車の良し悪し決めるのにも違いがあります。

 

買取はその車の状態重視で年式、走行距離の他にボディやインテリアの傷み具合や後付けパーツの有無なども価値判断に使われますが、下取りは車種、年式、走行距離、ボディカラーといったものに重きを置き、キズやへこみなどはほとんど影響がありません。
これだけ大きな違いを持つ買取と下取り、その2つを同じものとして扱うことは大きな間違いで、同じ価値観で比べること自体がおかしいことです。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?