買取査定から売却までの流れ

MENU

買取査定から売却までの流れ

買取店で買取を行うには段取りというものがあります。

段取りといってもそれほど面倒なことではなく、一度買取店に足を運べばそれで済んでしまうような単純なものです。

 

ただ、誰もが思うようにできるだけ高く売りたいというのであればそれ相当の行動が必要となるでしょう。
まず、ただ単に買取を行うための段取りを見ていきましょう。

 

まずは買取店に電話をしてその車の価値を判断する査定というものを行うために予約を入れます。

 

予約を入れないでいきなり買取店に出向いても査定を行うことはできますが、その時に既に入庫している車が有ったり、予約が入っている場合など待たされることになりますので、予約を入れた置いた方がいいと思います。
買取店に出向いたら査定です。

 

査定では査定士が車の周りをぐるぐる回ったりドアやトランクなどを開けて内装の状態を確認したり、ボンネットを開けてエンジン回りを確認したり、下回りを除いたりします。
もちろん走行距離の確認や車検の確認なども行いますので車検証の提示は必要となります。

 

そしてその後その車の査定額が知らされ、その金額でOKであれば売買契約と名義変更の手続きを行うことになります。

 

名義変更手続きには車に常備されている車検証や自賠責保険証明書の他に印鑑証明や実印、リサイクル券、自動車税納税証明書などが必要となりますので予め取っておいて、買取店に出向く時にもっていくと話は早くなります。
もしその時に持っていなくても後日届けるといった形でも対応できます。
それからローンが残っている場合は買取金額によって新たに残債ローンなどを組むことになりますので、別途書類が必要になることがあります。
売買契約、名義変更手続きが完了したら買取は終了です、車を渡して買取店を立ち去ります。

 

買取金額は現金でその場で手渡しということではなく、後日すべての事務手続きが終わった時点で銀行口座への振り込みとなりますので、現金を手にするのは少し後ということになります。
これが基本的な買取の段取りということになります、高く売りたいと思っている場合はこの段取りの前にいくつかの段取りを追加することになります。
まずはインターネット上にある無料一括査定サイトをつかってオンライン査定を行います。

 

これによって買取店各社の暫定的な査定額がわかりますのでその金額を見て、数件にアクセスをとり、実際に査定を受けるということを行います。

 

複数で査定を行う場合は、その場でOKを出さずのすべての買取店で査定を行って、比較するものが出そろってから後日OKを出すということになります。
場合によっては再度査定を行うこともありますが、高く売るためには必要なことと割り切りましょう。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
10年落ち、10万キロの車を高く売るには?
10年落ち、10万キロの車を高く売るにはどうしたらいいのか解説したページです。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?