10年落ち 10万キロ 車を売る

MENU

10年落ち、10万キロの車を高く売るには?

輸入車は除き、国産車だけで見れば自動車は非常に丈夫に作られており、定期点検やメンテナンスをきちんとしておけば10年だろうと10万キロだろうといたって普通の走ることができます。
それがスポーツモデルで最高のパフォーマンスを常に発揮していなければならないというものでなければ、年式や走行距離は気にならないものです。
しかし、中古車市場は違います。

 

中古車市場ではいわゆる他人のお古を購入しに来る人たちのために車を用意しているところですが、中古車を購入しに来る人の要求は非常に高いものがあり、中には新車並のクオリティを求めるような分不相応な方もいるぐらいの世界となっています。
そうなるとどうしても年式の若い新しい車、走行距離の短い車を良いものとする傾向が出てくるようになり、新しく走行距離の短いものから売れていくことになっています。

 

中古車市場ではまだ十分売り物になるものとならないものを年式と走行距離である程度決めており、それが年式にして10年落ち、走行距離にして10万キロと設定しているのです。
そうなるとおのずと買取に関しても10年落ち、10万キロオーバーというものの価値が低くなり買取金額もかなり低いものとなります。

 

こういった車を高く売ることは通常では難しいことであって、そのまま買取店に持ち込んで査定を行ってもたいした査定額を見ることができませんので、ここでちょっとしたコツが必要になるわけです。
そのコツというのは買取店選び、よくある大手フランチャイズ買取店はすべてパスします。
なぜなら10年落ち、10万キロでは廃車をすすめられることになるからです。

 

そのような無駄なことしないでまずは安値の中古車ばかりを扱っている中古車販売店の買取サービスをあたります。

 

こういったところは大きな利益を見込んだ車ではなく、安く買い取った車を自社で安く売ってわずかな利益を得る、要するに薄利多売で商売をしているというところで、10年落ちでも10万キロオーバーでも比較的買い取ってくれる可能性が高いのです。
金額的には大したことはありませんが、廃車よりはましでしょう。

 

それでも満足できなかったら今度は事故車買取店に出向きましょう。

 

ここは読んで字のごとく事故車、いわゆる車をとして使い物にならない「物体」を買い取ってくれるところで、実際には事故車だけでなく、10年落ち、10万キロオーバーなどといった価値のない正常な状態の車も買い取ってくれます。
こういった業者は買い取った車を廃車として車から鉄くずへと変身させたうえで使える部品を取り出し、中古部品やリビルトパーツのベースとして売り捌いて利益を上げています。

 

ですので、事故車ではなく取り出すことができる部品点数が多い10年落ち、10万キロオーバーの車はこの中では高く買い取られることになります。
ここでもし値がつかないという状態となったらもうこれ以上の努力は無駄です、売却することは諦めて廃車するかとことん乗りつぶすしかありません。
⇒車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

買取と下取りの違いとは?
買取と下取りの違いとは?分からない方でもわかりやすく説明します。
買取査定から売却までの流れ
買取査定から売却までの流れについて具体的に解説したページです。
車が高く売れる時期はいつ?
車が高く売れる時期はいつなのか気になる方は要チェックの記事です。
ローン途中を車は売れる?
ローン途中の車は売れるのか?解説したページです。
車を売るときの必要書類
車を売るときの必要書類について詳しく記載したページです。
傷だらけの車は売れる?
傷だらけは売れるのか?意外と高く売れる理由を教えます。
事故車でも高く売る方法
事故車でも高く売る方法を詳しく教えます。
車を高く売るコツ
車を高く売るコツの本当のところを教えます。
車買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由
買取相場表を確認してから査定に臨んだ方がいい理由とは?