プリウス 買取相場表

MENU

プリウス買取相場表

2015年の12月、プリウスの4代目モデルが発売されました。
いろいろなメディアで派手に取り上げられ華々しいデビューを遂げ、さぞかし先代モデルのように飛ぶように売れるだろうと思っていたら何のことはなく、取り立てて大ヒットになってはいないようです。
それのそのはずです、世の中はこのプリウスにメリットを見出していないのです。

 

確かに登録車で40km/L以上の燃費性能はガソリン節約家にとっては大きなメリットでしょう、しかし今夏甥のプリウスのメリットはたったそれだけで、先代モデルのようにもっと大きなメリットがないのです。
先代モデルにあった大きなメリットとはエコカー補助金です。
そもそも先代モデルが大ヒットしたのは、税金を使って車を安く買えるからであって、何もプリウスという車が優れていたわけでもなく、地球環境を守りたいと思った方が多かったからではなく、安く買えたからなのです。

 

そして今回の4代目モデルにはそれがない、わずかに残っているエコカー減税だけではメリットとしては弱いのです。
しかし、この車を買うために3代目モデルに乗っていた方がたくさん売りに出しました。

 

その結果がプリウスの中古車価格の暴落で、それに伴って買取金額もかなり安いものとなってしまいました。
もともとプリウスの買取金額や中古車市場での価値はあまり高くありませんでした。

 

その理由はとにかく台数が多いこと、これは流行りだからと言って買ったはいいが使いにくい、走らない、思ったほど燃費がよくないということから買って間もなく売りに出される方が多かったから、それからハイブリッドシステムにトラブルが多かったことから多額の修理費用が掛かることを想定して壊れないうちに売りに出してしまおうという方が多かったからです。

 

これに新型モデルが出るということで売りに出す方が増えたのではいくら人気のある車だとしても価値が高くなるわけがありません。
現状では80万円から150万円ぐらいで買い取られているようですが、新型モデルが中古車市場に流れ込んでくるのと同時に急激に価値を下げていくことが予測されます。

 

それにハイブリッドシステム自体の信頼性も回復していない状態なので壊れないうちに売るというのがこの車を高く売る秘訣の一つだと思います。
それと先代モデルよりもっと古い2代目モデルですがこのモデルはもう値はつかないでしょう。

 

中古車販売店にも帆トンと並ぶことはなくあったとしても30万円ぐらいで売られていることから見ても買取金額は1桁であることが想像できます。
2代目モデル以前のものは売ることよりも壊れるまで乗り続けるか廃車費用を用意した方がいいかもしれません。
車買取相場表よりも高く売る方法

関連ページ

トヨタヴォクシーの買取相場表
トヨタヴォクシーの買取相場表について
アルファード買取相場表
アルファード買取相場について記載したページです
ノア買取相場表
ノアの買取相場について記載したページです。
エスティマ買取相場表
エスティマ買取相場表について記載したページです。
クラウン買取相場表
クラウン買取相場について記載されたページです。
ランドクルーザープラド買取相場表
ランドクルーザープラド買取相場について記載されたページです。