MENU

車買取相場表は嘘?あと10万円は高く売れる!?

買取店での買取というのは何も査定する人の胸三寸で査定額を決めているわけではなく、買取店ごとに用意されている買取基準表なるものに照らし合わせて決められています。
例えば買取店に車が持ち込まれたとします。
その車の車種とグレードと走行距離を見て、買取基準表に照らし合わせて100万円と基準価格が出されました。
しかしそれがこの車の査定額ではなく、ここから傷が多いからマイナス10000円、純正のカーナビがついているからプラス20000円、オプションのサンルーフがついているからプラス30000円などといったようにその車の状態から中古車販売においてメリットとなる部分やデメリットになる部分を評価し、それによってプラスマイナスがされて初めて最終的な査定額が出されます。

 

実際にはここから値上げ交渉などが始まり数万円の向上となることが多くなりそれが最終査定額となるのです。
ですので、高額買取といっても多少の上下はあるものの、査定額の基礎となり買取基準表なる基準値がある以上大きな増額はあり得ないということなのです。
では絶対に高額買取は無理なのかというとそうではなく、要は買取基準表があるからあまり高くならないということですので、その買取基準表に書かれている金額が高い買取店を選べばいいということです。
かといって、買取基準表はある意味トップシークレットで一個人が見せてくださいといっても見せる訳がありません。
なので、一般的にはインターネットなどに出回っている買取相場などを参考にして高いだの安いだの言っているわけです
ではどうやってその買取店の買取基準表の中身を知ればいいのかというとそれは実際に査定をしてその金額から知ればいいのです。
とはいっても何軒も買取店をはしごして査定行脚に出る訳ではなく、パソコンやスマートフォンなどでインターネット上にある一括査定サイトを使えばことがたります。
こういったオンライン査定では暫定的な査定額しか出されず大まかな金額しかわかりませんが、買取基準表の傾向を見るのには十分で、オンライン査定での査定額が高ければ基準価格も高いということがわかります。
これで判明した基準価格の高いところで売却すれば少なくとも買取相場よりも高い金額で売ることができ、場合によっては10万円以上の高値で売ることも可能となります。

下取りよりも買取で売る最大の理由

ディーラーの下取りよりも買取店での買取を選ぶ最大の理由はたった一言「高い金額で売却することができるから」です。
これ以外の何物でもありません、というよりかそれ以外の部分ではデメリットばかりです。
下取りでしたらディーラーの椅子に座ってコーヒーでも飲んで待っていれば査定から手続きまでディーラー側が勝手にやってくれますが、買取となると買取店に電話して査定の予約を入れて、その時間に合わせてわざわざ車を持ち込んで、査定をしてもらってという行動をとることになり、挙句の果てには満足のいかない金額が出てしまい、また違う買取店で同じことをするといったことを行わなければなりません。

 

はっきり言って時間も手間もかかるのが買取店での買取ですが、それでも下取りではなく買取を選ぶ方が多いのはそれだけの苦労をしてもそれに見合った、いやそれ以上の金額で売却することができるからなのです。
「働かざるもの喰うべからず」などという言葉がありますが、まさにその通りでディーラーのロビーで暇を持て余しているより多少面倒ですが積極的に行動を起こした方が高い対価を得ることができるのです。
しかも最近の買取店ではそこまで面倒ではなくなってきており、査定に関しても出張査定を行っている買取店であれば自分に家の前で査定をしてくれますし、査定額が低くて買取店のはしごをしなくてはならない状態というのもインターネット上にある一括査定サイトを使ってたくさんの買取店の価値観を知ることによってそういった買取店を巡るということもしないで済むようになりました。
そうであればなおさら下取りより買取を選ぶべきです
下取りは昔ながらのいわゆる慣習的な意味合いがあるので現在も存在していますが、もしそういった慣習的なものがなければ買取店が一般的になった現在ではきっとなくなっていたことでしょう。
逆に今でも下取りを行う方がいる方が不思議なくらいで、きっとそういった方がお金に全く興味がないか、よほど大金持ちなのでしょう。
一般庶民にはやはり高く金額になる買取が一番です、何よりも高い金額で売ることができるのです。

更新履歴